フレーバーストーンで揚げ物を作らない方がいい?

フレーバーストーンは油いらずでも食材がくっつかず、焦げ付く心配がないフライパンとして人気が高いですが、油いらずでも調理することはできますが、反対に油をたくさん使って調理することもできます。

 

油をたくさん使って調理する食べ物としては揚げ物がありますが、フレーバーストーンで揚げ物を作ることも可能なので、から揚げだったり、天ぷらだったり、かき揚げなんかを作ってみるのもいいかもしれません。

 

フレーバーストーンで揚げ物を作ることは可能ではあるのですが、理想としてはあまりおすすめできる使い方ではないということも併せて伝えておきます。

 

というのも、フライパンで揚げ物を作る場合、揚げ物専用の鍋で作るときと違って事故が起きやすいということが言えるからなのですね。

 

揚げ物を作るためにはそれなりの量の油が必要になりますが、その時に高さがあまりないフライパンを使って作ると油がはねてしまって火傷をしてしまうということもあったりします。

 

また、鍋と違って取っ手が長いフライパンはふとした時に服やエプロンの結び目が引っかかってしまって、火傷や火事を起こしてしまうことも起こり得るのですね。

 

炒め物をしているときはその場から離れるということは少ないですが、揚げ物を作るときは別の作業をすることもあるので、動き回っているときに取っ手が引っかかってしまうということは意外と起こりやすい環境でもあります。

 

こういった理由から揚げ物を作るのにはあまりおすすめできないということになります。

 

フレーバーストーンだから揚げ物を作らない方がいいというよりはフライパンで揚げ物を作るのは思わぬ事故や火事を引き起こしてしまう原因になり得るので適材適所な使い方ではないということが言えるでしょう。

 

ただ、もしどうしてもフレーバーストーンで揚げ物を作りたいというのなら、方法が全くないということもありません。

 

例えば、フライパンタイプではなく鍋タイプのフレーバーストーンを使えば高さがあるので油跳ねで火傷する心配は極端に少なくなりますし、フレーバーストーンダイヤモンドエディションを使えば、取っ手を外すことができるので取っ手に洋服などが引っかかるという事故を起こすこともなくなります。

 

どういったタイプのフレーバーストーンを選ぶかによって、揚げ物を作るという選択肢をレシピから消すことはなくなりますから、レパートリーも増えて食事を楽しい時間に変えることはできますよ。

 

フレーバーストーンシリーズが気に入っているのなら、揚げ物を作るのに適したものを選んでみるのもいいかもしれませんね。

 

>>フレーバーストーン公式通販サイトでシリーズ一覧をチェック! フレーバーストーン公式通販サイト