焼き魚をフライパンでアルミホイルを使って作る!

肉ばっかり食べていると焼き魚を食べたくなりますが、魚を焼くにはグリルを使って調理するのが一般的です。でも、住んでいる家や部屋によってはキッチンにグリルがついていないこともありますから、焼き魚を自宅で食べることができないと思っている方もいるかもしれません。

 

ですが、グリルが無くてもフライパンを使って焼き魚を作ることはできます。

 

例えばアルミホイルやクッキングシートをフライパンに敷いて、その上に魚を置いて焼きます。直接フライパンに魚を置いてしまうと身がフライパンにくつっついてしまうので、ボロボロを身が崩れてしまうのですね。

 

なので、アルミホイルやクッキングシートを使って焼くのがおすすめです。

 

また、アルミホイル等を使って焼き魚を作るときのコツですが、一度軽くくしゃくしゃにしてから広げて使うようにしましょう。

 

なぜこういったことをするのかというと、魚にはたくさんの脂が含まれています。なので、ただアルミホイルを広げただけだと一ヵ所に脂が溜まってしまうので味にムラができてしまうのですね。

 

でも一度アルミホイルをくしゃくしゃにしておくと一ヵ所に脂がたまらないので、ムラがなく仕上げることができますよ。

 

フライパンに直接魚を置かない、アルミホイルを一度くしゃくしゃにして広げる。この2つを守るとフライパンでも焼き魚を作ることができます。

グリルのようには美味しくならない?

アルミホイルを上手に使えばフライパンでも焼き魚を作ることができますが、味に関してはグリルと比較するとイマイチかもしれません。

 

好みによりますが、フライパンで作る場合は焼き目を付けることができないので、焼き魚特有の香ばしい感じを出すことはなかなか難しいのですね。

 

やっぱり焼き目がついていないと焼き魚は美味しくないと感じることもありますし、グリルと比較するとやっぱり味は落ちてしまうのは否定できないです。

 

けれども、グリルが無くてもフライパンで本格的で美味しい焼き魚を食べる方法があります。それはフレーバーストーンシリーズのフライパンを使うこと。

 

フレーバーストーンヘルシーグリルというフライパンがあるのですが、これはフライパンでありながら底面が波型になっていてグリルのような役割を果たしてくれるのですね。

 

このフライパンを使えば焼き魚はもちろんステーキだって焼き目を付けて作ることができるので、見た目にも美味しそうな仕上がりまになりますよ。アルミホイルを使わなくても身がくっつくことがありませんし、波型になっているから余分な脂を落とすこともできて、ヘルシーに食べることができます。

 

フライパンで美味しい焼き魚を食べたい方には嬉しいアイテムですから、フレーバーストーンヘルシーグリルを使ってみてくださいね。

 

>>フレーバーストーンヘルシーグリルの詳細はコチラ!